ツーハンドル混合水栓の水道の修理

最近ではバスルームも非常に高機能になってきており、さまざまな水道栓が使われるようになりました。水漏れが起こった時に、ツーハンドル混合水栓になっている場合、パッキンを交換することで改善することもあります。

■構造は難しくないツーハンドルの修理

ツーハンドル混合水栓は、もともとあった水栓の構造をしているため、交換はしやすいといえます。ですが、モンキーレンチなどの道具が必要になるところが重要です。どの方法でも共通して言えることですが、水道の修理は、必ず止水栓か元栓を閉めてから行います。これを忘れてしまうと水浸しになってしまうこともあるため、注意が必要です。
確実に止まっていることを確認してからハンドルを外します。キャップがついていることもありますが、マイナスドライバーがあれば簡単に外れますので、内部のネジを外すと分解できるでしょう。水回り全体にいえますが、ネジが固着していることもあるため、注意が必要です。ナットはモンキーレンチで外していくとパッキンまで見えてきます。

■パッキンとコマパッキン

水漏れする原因は、パッキンと内部のコマパッキンにあります。この二つを交換すると、水漏れはかなりの確率で止まるでしょう。組み上げ方は、外した方法の逆です。しっかりと順番にとめていきますが、ねじを締めるときには締め過ぎないようにしましょう。ねじ切ってしまうこともあるため、ちょうどいい加減でやめます。




■まとめ
ツーハンドル混合水栓の場合、構造的には、シングルレバー水栓よりも簡単です。ですが、とにかく圧力もかかっているため、止水栓を確実に閉めてから作業を行うことを忘れないようにするべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ