トイレの水道の水漏れで多いナットの修理

トイレは毎日の生活の中で欠かせない設備です。水道から水が供給されて初めて利用できますが、逆に水がなければ設備があっても利用することができなくなります。あって当たり前ですが、長年使用していると水漏れを起こす可能性も出てくるため、給水の問題が出てきたときには、速やかに修理する必要があります。

■ナットのゆるみ

トイレで使われている水道からの水漏れの要因の一つに、給水管が存在しています。この給水管がタンクに水を供給し、流していくことができるようになっています。しかし、タンクにつながる以上、接続部品を使わなければいけません。その部分にはパッキンが存在するため、ある程度の時期がきたら交換を考える必要が出てきます。ナットのゆるみ程度であれば、モンキーレンチだけでも修理をすることができます。ただし、一般的にトイレには余分なスペースがほとんどないため、大きな工具は入らないと思ったほうがいいでしょう。


■ナットを締める前に

まずは止水栓を閉めます。わからないときに元栓から閉めてしまうといいでしょう。これは事故防止です。止水栓は手で回せるタイプもありますが、固着していることも考えられます。無理矢理回して壊してしまわないように注意が必要です。あとは緩んでいるナットを締めれば解決しますが、無理に強く締めると破損するため、十分な注意が必要です。




■まとめ
トイレの水道の修理は、強い圧力がかかっています。必ず元栓を閉めることが必要であり、圧力がかからない状況を作りましょう。専門業者に依頼する場合にも、被害が拡大しないように、元栓を閉めてから依頼するのがポイントです。トイレの交換をしたい場合も専門業者にまずは相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ