意外とできるサーモスタッド付きの水道からの水漏れ修理

非常に高性能な蛇口として、サーモスタッド付きの混合水栓も多くみられるようになりました。構造的に複雑であり、なかなか手が出せないようなものもあります。無理して修理しようと思わず、こうした水道の場合は、水道専門業者に修理を依頼するのも方法の一つです。

■水がうまく止まらない

サーモスタッド混合水栓から水漏れする理由はいくつかあります。無理をせずに修理をしていく必要がありますが、他の水栓と同様に止水栓や元栓を閉めるところからスタートします。一度水を出してみて、内部の残っている圧力を抜いてから作業するのがポイントです。
ハンドルを外すといったところは同じですが、ビス固定のものもあるため構造を確認しなければいけません。ナットを外していくとバルブが抜けるため、交換するのがひとつの方法です。


■付け根から漏れているとき

パッキンの問題もあります。付け根から水漏れしているような場合には、パッキンを交換することが必要です。ナットを緩めていけば、パイプを付け根から外せるようになるでしょう。パッキンもすぐに見えるため新しいものと交換し、逆の手順で組み上げていきます。これで出来上がりです。




■まとめ
サーモスタッド混合水栓であっても修理ができないことはありません。実際にはそこまで難しいものではありませんが、これでも直らない場合には、蛇口 交換する必要がある場合もあります。そうなると、構造的な部分からも修理という域を超えてしまうため、業者に依頼するのが安全でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ