バスルームの水道でだれでもできるシングルレバーの修理

水道を使っている場所はいろいろとありますが、バスルームは水道が必須の場所のひとつです。思いもよらぬ時に水漏れが起きたりすることもありますが、原因や対処方法を知っておくといざという時に役立ちます。

■経年劣化も起きる

設備の水漏れということで考えていくと、経年劣化も原因の一つとして挙げられます。10年もたつと、バスルームでもトラブルが起こる可能性が高くなります。これは一般的には、非常に多くの問題が出てくるようになる年数です。修理が必要になる前にメンテナンスも考えていかなければいけない時期にあたります。
バスルームには、いろいろな水道がありますが、シングルレバーになっている水栓は、パッキンの消耗によって水漏れを起こすことがあります。消耗品であることを理解しておくと、水漏れした場合の対処法も理解できます。


■簡単なシングルレバー

業者ではなく、自分でも修理が可能なのがシングルレバーです。止水栓か元栓を閉めて、ハンドルを外します。動かせば外れるようになっているので、カバーを止めているネジは六角かドライバーで外しましょう。中に隠れているネジもあるため、これも緩めていけば、内部のバルブカートリッジやパッキンが露出して、部品が交換できるようになっています。これらの部品は消耗品と考えておくべきでしょう。




■まとめ
状態にもよりますが、シングルレバーの部分の蛇口 交換や修理は、そこまで難しいものではありません。部品もホームセンターなどで手に入れることができるため、事前に用意しておくとより迅速に対応できます。外してから実物を持って購入すると間違いありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ